アーカイブ

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

1.購買事業

会員への優良な家畜の生産に必要な飼料及び資材の斡旋供給を行なっております。
主なものは
(1)指定配合による肉用牛・乳用牛・養豚用配合飼料
(2)単味飼料(一般ふすま、圧ペンとうもろこし、脱脂大豆)、輸入大麦、流通粗飼料
(ビートパルプ、ヘイキューブ、乾牧草)
(3)混合飼料
(4)畜産用各種器具・資材

 

2.販売事業

会員の生産物を有利販売するための業務を行なっております。
(1)会員の生産した肉畜の共同の出荷をすすめ、大都市圏での肉畜の受託販売を実施
(2)会員の生産した肉畜の有利な受託販売を行なうため、認定市場の運営
(3)会員の生産した肉畜を二次加工し、カット肉等として販売
(4)国内・外国産肥育用素牛、素豚の斡旋

 

3.肥育用素牛貸付事業

会員の地域銘柄確立のため、肥育用素牛の貸付を行なっております。
詳細はこちらをご覧ください。(PDF)>>

 

4.繁殖雌牛貸付事業

会員の生産基盤を確立し、素牛の流通を促進するため、繁殖雌牛の貸付事業を行なっております。
詳細はこちらをご覧ください。(PDF)>>

 

5.乳用雌牛貸付事業

会員の酪農生産基盤の維持・拡大のため、乳用雌牛の貸付事業を行っております。
詳細はこちらをご覧ください。(PDF)>>

 

6.指導・広報活動

会員等の経営支援、組織基盤の維持発展を図るための事業を行なっております。
(1)畜産に関する技術、経営の指導及び専門的情報の提供
(2)匡が行なう各種指定助成事業の推進
(3)肉牛等の枝肉共進会の開催(農林水産祭参加事業)
(4)畜産に関する調査研究
(5)「全畜連情報」を通じて会員との情報交換
(6)会員主催の各地畜産共進会への後援及び協賛

 

7.他の畜産専門全国連との共同事業

(1)(社)全国畜産配合飼料価格安定基金
配合飼料の値上がりに際し、畜産農家への経営への影響を軽減するため、価格差補てん積立金の徴収及び補てん金交付を行なっています。
(2)(株)全日本農協畜産公社
肉用牛の加工処理・保管・販売を行なっています。