アーカイブ


去る3月15日に東京都中央卸売市場食肉市場において第32回全畜連肉用牛枝肉共励会が開催されました。今回の共励会は、各県の出品頭数は多い地域から、宮城県24頭、青森県12頭・千葉県16頭、茨城県13頭、栃木県11頭、宮崎県7頭、北海道7頭・鹿児島県3頭、福島県5頭・沖縄県4頭、岩手県3頭、秋田県3頭の各道県で生産された108頭でした。出品者も日頃から優秀な肥育成績を残されている方々です。




3月15日に上場された出品牛の枝肉は、平均重量が547㎏と十分に肥育が進み、仕上げ状態の良い枝肉が揃っておりました。格付結果においても5等級が72頭、4等級が30頭であり、全国的な共進会に相応しい非常にハイレベルな共励会となりました。




6名の審査委員による最終審査で最優秀賞に選出されたのは、千葉県の(株)髙梨牧場の出品牛で、生後月齢が30.3ヶ月、枝肉重量は587kg、肉質等級はA5、BMS№12で、体型・肉質・脂質すべてに優れ、小ザシでモモ抜けの良いバランスのとれた最優秀賞に相応しい出品牛でありました。今回ご出荷頂きました会員の皆様を始め関係各位のご協力の下、本共励会を盛会裏に終了することができました。心よりお礼申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。