アーカイブ

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

情報

6月12日に独立行政法人 農畜産業振興機構より平成30年4月分の肉用牛肥育経営安定特別対策事業(新マルキン事業)の概算払の補填金単価が発表されました。

補填金単価の確定値は平成30年8月上旬に公表される予定です。

肉専用種     ―  円

交雑種    56,800 円

乳用種    34,200 円

※肉専用種については、地域算定県(岩手県(日本短角種)、広島県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県)を除く。

詳しくは独立行政法人農畜産業振興機構HPをご覧ください。

5月11日に独立行政法人 農畜産業振興機構より、平成29年度第1~4四半期(平成29年4月から平成30年3月まで)の養豚経営安定対策事業(豚マルキン)の養豚補填金について公表があり、平均粗収益が平均生産コストを上回ったことから行われないこととなりました。

詳しくは独立行政法人農畜産業振興機構のHPをご覧ください。

5月11日に独立行政法人 農畜産業振興機構より平30年1・2・3月分の肉用牛肥育経営安定特別対策事業(新マルキン事業)の補填金単価の確定値が公表されました。
(上段:確定値、下段:概算払)

1月 2月 3月
肉専用種 確定値
(概算払)
1,900  円
( ― 円)
―  円
( ― 円)
― 円
交雑種 確定値
(概算払)
50,100円
(46,100円)
72,300円
(68,300円)
84,600円
乳用種 確定値
(概算払)
29,000円
(25,000円)
31,700円
(27,700円)
28,500円

※肉専用種については、地域算定県(岩手県(日本短角種)、広島県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県)を除く。

詳しくは独立行政法人農畜産業振興機構HPをご覧ください。

4月11日に独立行政法人 農畜産業振興機構より、平成29年度第1~4四半期(平成29年4月から平成30年3月まで)の養豚経営安定対策事業(豚マルキン)の養豚補填金について公表があり、平均粗収益が平均生産コストを上回ったことから行われないこととなりました。

詳しくは独立行政法人農畜産業振興機構のHPをご覧ください。

4月11日に独立行政法人 農畜産業振興機構より平成30年2月分の肉用牛肥育経営安定特別対策事業(新マルキン事業)の概算払の補填金単価が発表されました。

補填金単価の確定値は平成30年5月上旬に公表される予定です。

肉専用種     ―  円

交雑種    68,300 円

乳用種    27,700 円

※肉専用種については、地域算定県(岩手県(日本短角種)、広島県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県)を除く。

詳しくは独立行政法人農畜産業振興機構HPをご覧ください。

3月9日に独立行政法人 農畜産業振興機構より平成30年1月分の肉用牛肥育経営安定特別対策事業(新マルキン事業)の概算払の補填金単価が発表されました。

補填金単価の確定値は平成30年5月上旬に公表される予定です。

肉専用種     ―  円

交雑種    46,100 円

乳用種    25,000 円

※肉専用種については、地域算定県(岩手県(日本短角種)、広島県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県)を除く。

詳しくは独立行政法人農畜産業振興機構HPをご覧ください。

皆さまご承知のとおり、平成31年(2019年)10月1日から、消費税率の引上げが実施されます。

これに併せて軽減税率制度が実施されることから、関係府省庁が連携して軽減税率制度の円滑な実施に向けた取組が推進されています。

軽減税率制度は、飲食料品等を取り扱う事業者の方だけでなく、消費税の納税義務のない免税事業者を含め、多くの事業者の方に関係します。

軽減税率制度については、本会も関係省庁の担当者等を招聘し、随時説明会等を実施する予定です。

以下に国の特設サイトへのリンクを掲載しますので、ぜひご参照ください。

 

[軽減税率制度関係の政府ホームページ特設サイト]

・ 特集-消費税の軽減税率制度(政府広報オンライン)

https://www.gov-online.go.jp/tokusyu/keigen_zeiritsu/index.html

・ 消費税の軽減税率制度について(国税庁)

https://www.nta.go.jp/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/index.htm

(国税庁のホームページは平成30年3月に改定を予定しており、改訂後は当ページのアドレスが変更される可能性があることにご注意ください。)

・ 軽減税率対策補助金(軽減税率対策補助金事務局)

http://kzt-hojo.jp/

 

2月9日に独立行政法人 農畜産業振興機構より、平成29年度第1~3四半期(平成29年4月から12月まで)の養豚経営安定対策事業(豚マルキン)の養豚補填金について公表があり、平均粗収益が平均生産コストを上回ったことから行われないこととなりました。

詳しくは独立行政法人農畜産業振興機構のHPをご覧ください。

2月9日に独立行政法人 農畜産業振興機構より平成29年10・11・12月分の肉用牛肥育経営安定特別対策事業(新マルキン事業)の補填金単価の確定値が公表されました。
(上段:確定値、下段:概算払)

10月 11月 12月
肉専用種 確定値
(概算払)
―  円
( ― 円)
―  円
( ― 円)
― 円
交雑種 確定値
(概算払)
72,700円
(68,700円)
60,000円
(56,000円)
30,000円
乳用種 確定値
(概算払)
35,300円
(31,300円)
23,500円
(19,500円)
21,200円

※肉専用種については、地域算定県(岩手県(日本短角種)、広島県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県)を除く。

詳しくは独立行政法人農畜産業振興機構HPをご覧ください。

1月12日に独立行政法人 農畜産業振興機構より平成29年11月分の肉用牛肥育経営安定特別対策事業(新マルキン事業)の概算払の補填金単価が発表されました。

補填金単価の確定値は平成30年2月上旬に公表される予定です。

肉専用種     ―  円

交雑種    56,000 円

乳用種    19,500 円

※肉専用種については、地域算定県(岩手県(日本短角種)、広島県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県)を除く。

詳しくは独立行政法人農畜産業振興機構HPをご覧ください。